「お金はある」って知ることから/お金に関する罪悪感は洗脳

私は今なんか知らないけどほとんど働かずにお金が入ってくる状態になってて、そのことについて自分なりに理由とか考えて最近何度か書いてるんですけども。

そういえば以前は「お金はない!!」って思いが強かったんだけど、今は「どうせお金はあんだろ」って考えになってるっていうのもあるかなって思ったので書いておきます。

「どうせお金はあんだろ」って、どこに??

…それは実家に。実家っていっても現在の実際の実家ではなく子供時代の私にとっての実家であり、今でも観念として持ってる「うち」っていう感じなんですけど…

「うちはお金がないから!うちは貧乏だから!」っていう思いがずっとずっとあったかなって。それを大人になってもずっと引きずってきてたかなって。

そしてその感覚がずっとずっとお金に対する罪悪感みたいなものになってたかなって。

それが最近はなくなってきたので、お金のブロックってやつもなくなってきたのかもしれないです。

実家、べつにそんな貧乏じゃないじゃん、って思えるようになったから。

で、その「うちにはお金がない」っていう不安や強迫観念って個人的な実家に対してだけでなく、もっと大きな「実家」に対しても持ってたな、ってことにも気づきました。

これ私だけでなく日本人全体が持ってるかもしれないことなんですが…

ずっとずっと報道とかで日本の借金について聞かされてきてて、財政を健全化しないと!国民はわがまま言わず我慢しないと!ってなんとなく思い込んでません?

日本めっちゃ金持ちなのに。ほかの国々と比べたら。

なのにヨーロッパなどの日本よりよっぽどお金のない小さな国の人たちの方がゆったり豊かに暮らしてる…

おかしいと思いません?

「うちはお金がないから!」っていう言葉に騙されて洗脳されてきたんですよ、うちら…。

たとえば消費税。

これヨーロッパでは社会福祉に使われてますけど、日本ではその多くを大企業の法人税を下げるために使われてしまってます。われわれ国民のためには使われてないんです。

そして大企業はそのおかげもあってめちゃくちゃお金を貯めまくってるんです。じつはバブル期より儲けてるんです。不況不況と言いつつ、賃金も下げまくりつつ、役員の報酬は昔より上がってるんです。

法人税を以前のようなレベルに上げれば、当然消費税は下げることができるんです。

私は説明がうまくないのでとりあえずいくつかのツイートを貼っておきます。

もっと分かりやすい表とかのツイートもあるんだけど見つけられなかったのでとりあえずこのへんで。

消費税は減らせます。普通に。

消費税は私たちのために必要なもの、って思い込まされてるけど「私たちのため」ではないですw

むしろ国民いじめのための税です。

…で。

「国」を実家、親、私たちの上に立ってて私たちを守ってくれるものだと思い込まされてる人も多いけど、実際には私たちのために働くよう私たちに雇われている立場のはずの存在です。ただの使用人です。主人は私たち国民です。日本は国民主権の国なので。

そのことに気づいたら少なくとも前よりお金はじゃんじゃん入ってくるようにはなると思います。

得体の知れないお金に関する罪悪感が洗脳によって植え付けられたものだと知ることができたなら。

あと、実際にも今回の衆院選の結果次第で消費税が減るかもしれないし。

ちなみに今回の選挙で自民党・公明党・維新の会が勝ってしまうと今後消費税は19%に引き上げられてしまいます。

(維新の会は都合のいいことを言ってるかもしれないけど実際には自民党の分派で自民党のために働いている党です)

選挙行きましょう!!

↓「我が国の借金やばい!!」っていう思い込み、これ見たら外れるかも。ちなみに私はれいわ新選組には今回は投票しないけど…でも応援はしてます。

それと!消費税に関してもう一つ。

今起業ブームみたいですけど、自公政権が進めてる「インボイス制度」って知ってますか?これ個人事業主・フリーランスを殺す制度です。少なくとも事務作業とかがめちゃくちゃ大変になります。(ここでは詳しく書かないけど調べたらすぐ出てきます)

このままだと導入されてしまうけど、衆院選の結果次第では止められるかもしれません。

年収1000万以下の自営業の人(私も)、これから起業しようと思ってる人、マジで気をつけてください!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク