秋分からの3ヶ月は過去世のカルマ解消の時/お手軽にCDで前世療法してみた

秋分の日ですね。

なんかめっちゃスピリチュアルな話ですけど…

秋分はご先祖様とつながる時と言われてますが、過去世ともつながる時なんだとか。

とくに今年の秋分は星回り的にも過去世のカルマ解消のタイミングになってるみたいです。

ここから三ヶ月くらいそういう星回りが続くとのこと。

前世とか生まれ変わりとかって信じます?

私はわりと信じてる…

なんとなく、前世とかがないと説明つかないようなことってあるし。

ただ、その前世っていうのがほんとに自分自身の前世なのか、それとも他の人の記憶を引き継いでいったものだったりDNAに刻み込まれた物だったり記憶のリサイクルだったり人類の潜在意識の集まってる領域みたいなものにアクセスして見てるだけのものなのか…?とかは分からないなって思ってますが。

つねづね大嶋信頼先生の言われてることを普通に当たり前のこととしてこのブログ書いてるように、個人的に脳のネットワークというのは完全に信じてるもので。他人の感情や記憶が自分の物のように感じられたり伝染することって普通にあると思ってるんですよね。

まあ前世が本当にあるのか、前世の記憶っていうのがいったいなんなのかは置いておいても、やっぱなんだか前世っていうものにワクワクしてしまったり興味津々だったりはします。

自分的には中世の日本と、あと中国にはいたんじゃないかなって昔からなんとなく思ってきてて。

前世療法とか退行催眠とかいうのをやってみたいなーとも思うんですが、ちょっと勇気がないのと(よく分からないものに対して払うには)お金がかかるのとで、まだセラピーとかセッションとか言われるものは受けたことがありません。

でもでも興味はある…。

で、とりあえずめっちゃ安くお手軽に退行催眠ができるCDを試してみました!!

「前世療法」っていうので有名な、ワイス博士っていう人が出している瞑想CDです。

ワイス博士の前世療法 心を癒すスピリチュアルへの旅 (瞑想CDブック) [ ブライアン・L.ワイス ]

これ試してみると…

わりとすぐに催眠っぽい状態に入れました。

そして前世なのかなんなのか分からないけど、けっこうはっきりしたイメージを見ることができました。

私は中国の山間部の少数民族の女性みたいでした。

色鮮やかな刺繍を施した布製の靴を履いていました。

金持ちではないけど生活に不自由ないくらいの豊かさでした。

夫や子供もいました。

平和に、家族のために生きていました。

普通に歳をとって死ぬことができました。

死ぬ時、「家族のために生きたけど、ほんとはもっと自由に生きたかった、もっと都会に住んでみたかった」と思いました。

………。

……。

今さ~~~~~~~

わたし独身で、日本で、それも大都会東京で、一人暮らしで、めっちゃ自由に生きてる。誰のためでもなく自分のために生きてる。前世とはまさに真逆の人生。

そしてそのことにすごく不安や不満を持ってる…。(結婚していない、子供がいない、そもそも人を本気で愛せる気がしないし人と暮らせる資質があるような気がしない、お金なくて孤独死しそう…などなどという大きな不安)

………。

なんなんでしょう人の幸せって、人の欲望って。

前世で死ぬ時思った夢、叶ってるやん。

なのにそれこそが今の私にとっては不安や不幸のタネみたいに思えてるやん…。

…これは本当に面白いというか興味深い体験になりました。

あと、これやった後はなんか顔のこわばりが取れてラクになりましたね。体のコリの解消にちょっと役立つような気がします。

他にも、おそらく中国の足軽というか歩兵みたいな男性としてのイメージが出てくる時もありました。

ワラみたいなのでできた草履を履いていました。

たぶん殺されました、戦で。

なんにせよ不思議だし面白いです。

ふだん考えてるわけではない、見たことがあるわけではないイメージが勝手に浮かんでくるので。

まあ前世(?)を見ることができたからといってそれにとらわれることなく、むしろ今の自分を大事にするべきらしいし、何かしら効果がないのならやる意味もないかなって思いますが…。

でもさっき言ったみたいに体が軽くなったり、あとよく眠れたりもするのでとりあえずやってみる価値はあるんじゃないかなって思いました。

こういうの、めんどくさくなってすぐにやらなくなってしまうんだけども。ちょっとしばらくやってみようかな。

ちなみに…

前世とかじゃないけど、催眠療法のレポで面白かったのはカメントツ先生のコミックエッセイ。

↓さくっと読めるしほんとに面白いのでよかったら読んでみてください~

【カメントツのルポ漫画地獄】ヒプノセラピーに行ってきた編

このころカメントツ先生は新人作家で、たしかレポ漫画を描いてるだけで、知る人ぞ知るってかんじで人気はあったけど別に売れてるわけじゃなかったんですよね。

私はスピオタでもあるので、このヒプノセラピー後にカメントツ先生に何かいいことが起きたりしないかちょっと気にしてはいたのですが…

その後、マジでまさかの大化け!!!

ツイッターに上げていた漫画「こぐまのケーキ屋さん」でいきなり超人気作家になったんですよね…!!!

あれにはびっくりしたなあ。

まさかこういう作風で大ヒットするとは。それまでのシニカルな作風とはまったく真逆ですもんね。

これってガチで潜在的な能力を呼び覚まされたんでは…??

個人的にはこぐまの作風よりレポ漫画の作風の方が好きだけど、どっちが作家として成功してるかっていったらそりゃこぐまの方ですからね…

これで「ヒプノセラピーの効果なのでは!?!?ヒプノセラピーもしかしてすごいのでは!?!?」って思ったものです。

ただ、この漫画の中でやっぱ怖かったのは催眠状態で延長料金払ってたところ笑。

私はたぶん催眠とかかかりやすいだろうから、こんなのまじ怖くてトライしづらいですわ…

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク