子宮もお股も冷えている?「よもぎ蒸しパッド」で感じる幸福感

前回「ちつのトリセツ」という本の話をしましたが、何度も挫折してたその本を引っ張り出して読もうと思ったのは、子宮の冷えというのが気になってきてたからなんです。

ちょっと人からそのことを指摘され、ほんとだーー!と思うところありだったので。

女性性を否定してる人は子宮が冷えてるんだとか、婦人病になりやすいんだとか。

ちなみに子宮が冷えてるかどうかはお尻を触ってみて、冷たい感じだったら冷えてるそうです。私は見事にめっちゃ冷たいです。

子宮を温めるには骨盤底筋を鍛えたりセックスしたりして血流増やして活性化するのも大事だけど、子宮のあたりにカイロを貼ったり腹巻をしたりお風呂に入ったりと物理的に温めるのもいいそうです。

私は韓国発祥の「よもぎ蒸しwikipedia」という施術が前々から気になってて、やってみようかなと思っていたんですが、このコロナ禍のご時世だし腰が重く…

そこで、以前ちょっと話題になってたカイロ式のよもぎ蒸しパッドを思い出して買ってみたのでした。

これね~~

やってみるとすごい幸福感あります。

守られてる、優しくされてる…!って感じ。

お股を温めるのってこんなに気持ちいいことなんだ…

よもぎの浄化力もすごくいいみたいです。ただ、ちょっとだけ草っぽい匂いがあるけど。

生理用ナプキンみたいな形状でその中によもぎが入ってて、下に付属カイロをセットするようになってます。(接着テープが強いので、生理用ショーツなどのしっかりした下着に付けないとはがすときに下着を傷つけてしまう危険性があります)

これまでほんとに子宮や膣やお股あたりを軽視したり無視したり忌避してたりしてセルフネグレクトしてたんだよなあ…

「ちつのトリセツ」読んでも、まだオナニーや膣のケアはできずにいる…。放置した末に起きることへの恐怖はすごく感じているというのに。

うーーーんなんでこんなに自分の性器のことがおぞましく感じられてしまうんだろう。思春期のころからなんで、相当根深いです。セックスはできてもオナニーはできない。ウッとなってしまう…。そりゃ恋愛なんてできんでしょ…。

まあ今はまだどうしようもないくらいの強いためらいがあるので、無理はせずにゆっくりやればいいかな…という感じなのですが。

よもぎ蒸しパッドはその点、私でも無理なくとても気楽にお股を大事にしてあげることができるのでとても良いです。

子宮の冷えや婦人病、自愛や女性性の開花などに興味があったらぜひ使ってみてください。

ただ、一枚130円ちょいするので毎日使うのは私にはちょっとつらく、週一くらいになっちゃってますが。

このよもぎ蒸しパッドじゃなくても、タオルなどで巻いたカイロとか小さい柔らかいタイプの湯たんぽを使ってお股を温めてみるのもいいと思います。

セルフネグレクトしてた人や女性性を否定してきた人は、こんなにお股って冷えてたんだ、大事にされたかったんだ~~っていう気づきとか感動とか幸福感があるかと。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク