ひとと比べない満足人生/カラテカ矢部太郎さんのインタビューすごく良かったです

矢部太郎さんのこの記事、すごく良かったです。

「お金を持っていない」と思って生きることにしていますーーベストセラー漫画家になった、矢部太郎の人生観

矢部さんのことあまり詳しく知らなかったけど、すごく素敵な人なんだなあああ…

基本的な価値観とかすごく自分と似てるし、生き方とかライフスタイルもけっこう似てるんだけど、だがしかし決定的に違うとこがあるなあと。

それは「足るを知る」からの「満足」っていう…

欲深く嫉妬深く、不安感や焦りが強い私に、決定的に欠けてるところ…!!!

よそを見なければ自分だって「十分幸せ、十分成功」って思えるのかもしれないんだけど、ほんとそれが難しいんだよなあ。

けど、こうやって矢部さんのような「それ」ができてる人のお話を見聞きすることによって、自分の中の感覚もまた少し変わっていくかもしれないっていう希望もあったりします。

「それ」をいいよね!!って思える価値観が、あきらかに自分の中にあるにはあるってことにあらためて気づけたし。

よく自己啓発界?で引用される、明石家さんまさんの「生きてるだけで丸儲け」って言葉には正直私はあんま共感しないんだけど、矢部さんのこのインタビューには共感共鳴しまくりでした。

いろんな意味であまりにかけ離れたスーパースターの話よりも、スターとはいえ感覚的・価値観的に自分と合ってる人の話、っていうのはけっこう大事なのかもなー。

あこがれの光浦靖子さんとかもそうだし。

てか「生きてるだけで丸儲け」って…「ほんまにそうか??」とは思っちゃうんですよね。根本的にそこからスタート、まずは生きてることに感謝、っていうのはもちろんほんと基本だし大事って思うけども。

それでも人間”その先”ってのがどうしてもあって。私みたいに未熟な人間はどうしても”その先”にばかり目が行ってしまうわけで。

生きてるだけ、じゃなくやっぱ「どう生きるか」だし、それって結局「自分らしく生きるか」なんだろなあ。

ひとと比べず「自分は幸せ」と自分で認めたり自分で決めるからこそ得られる本当の幸せ。

うーん…自分の人生に不満ばかりだったけど、「ただしい人間社会」からは逸脱してる気がしてしまうけど、ほんとは私って今かなり恵まれてて、かなり”自分的”には成功してるのかもしれないって気がしてきた…!

私は今たぶんそれなりに「自分らしく」生きられてるのだろうから。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク