すごいスピーチ!

ツイッターで紹介されてすごくバズってるこの動画、ほんとよかったのでこのブログにも貼っておきます。

2014年に公開された、植松努さんのスピーチ動画です。

すごく大事なことをすごくわかりやすく教えてくださってる…!

ツイッターでの反響見ると以前この人のスピーチを聞いて人生変わった!っていう人たちもいるみたいです。すごい方だ~~

なかなか行動できない私は、こういう背中を押してくれるスピーチなどに定期的に触れていかないとな。

すごく勇気や希望がもらえました!!

あと主題からは若干それてしまうのかもしれないけど、個人的には「足りないから助け合える」っていうのがすごく心に響きました。

自分は足りないことばかりの人間なので、いじけたり恥ずかしがったり遠慮したりして他人の助けを求めることもできないし、そして逆に人様を足りない自分なんかが助けられるとも思えなかったり、こんなに足りない私が人に与えるなんて大きな損だと感じケチってしまったりと、とにかく人と助け合ったり支えあったりする関係から逃げがちなんですけど。

「足りないから助け合える」、っていうのはそんな卑屈でみみっちい私の考えとは真逆の考えですよね…!

でも本当にそうだ!足りないからこそ助け合えるんだ!

それぞれ助け合うために私たちはみんな足りない存在として生まれてきてるんだ!

私には大きく欠けている部分があって自分のことを世間的には恥ずかしい人間だと思ってしまいがちなんだけど、でも実際には欠けてる分だけ反対に人より秀でていたり有り余ってる部分があったりするもんな。(あるか?まああるということにしとこ)

てことは足りない部分が多い(と感じる)人ほど、本当は率先して人を助けたりまずは人に与えたりするべきなのかもしれないな~~~!

バランスいい人たちに憧れるけど、でも「ひどく足りなくてやたら有り余ってる私たち」だからこそできること・回せるものもありそうです。

そして足りない人ほどもっと遠慮なく人に頼ったり助けてもらったりすることも大事だったりするのかも。

私たちのこの穴、この欠陥は、その部分が有り余ってる他の人に埋めさせてあげるために開いてるのかもしれない。

自分は人に甘えたり頼ったりするのがものすっごく苦手なのですが、ちょっとずつ意識改革できていってるしちょっとずつは人に頼れるようになっていってるので、この方向で進んでいきたいと改めて思いました。

生きやすさを求めて真っ当になろうと頑張ってきましたが(そしてまあまあ成果もでてきた)、でも欠陥にばかり目を向けるのではなく、「その欠陥は他人のためのもの」とある程度割り切って、自分のできること・得意なこと・情熱を感じることに力を注いでいくほうがいいのかもな…。うう~~ん。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク