「本当の友達がいなくてさびしいと思ったときに読む本」を読んでいろいろ答え合わせした

大嶋信頼先生の本、どんどん出ててどんどん購入してるんだけどちょっと忙しかったので数冊詰ん読常態になってて。

やっと「本当の友達がいなくてさびしいと思ったときに読む本」(なんつうタイトル…)を読みました。

正直今の自分はそんなに友達に困っていないので、今回の本は買わなくていいかなって思ってたんだけど…

でも読んでよかった。

いろんな意味で私にとっては答え合わせのような本でした。

ちなみに私が友達に困っていないというのは、友達が十分にいる、っていうことじゃなく、友達はほとんどいないけど別に今のままで十分、っていう感覚なんですけどね。

この本には友達がほとんどいないにもかかわらず「別に友達に困ってないや」っていう気持ちでいられることの答えも書かれているように感じました。

今の私には自分と感覚が近くて(この本でいうと「パーソナル数値」が近くて)共感し合える友達がほんの2,3人であってもちゃんといてくれてるし、あと今はまだ友達じゃなくてもこれからもそういった相手といくらでも会えて友達になれる、自分のほうから選んでそういう人たちと友達になることができる、っていう安心感や自信がけっこうあるんですよね。

あ、この本では以前大嶋先生がブログで「本当の知能指数」と呼ばれていたものが「パーソナル数値」というやんわりした表現の言葉に変えられていました。

パーソナル数値が近い人、感覚が近くて共感しあえる人のいるところにできるだけいるようにすること、その数値が離れてる人とは無理して一緒にいないようにすること、そしてその数値が離れてる人たちの集団に属してしまってると自信をうしなったり自分がひどく醜くみじめな存在みたいに感じてしまい勝ちだけどそれは大きな間違いであること。河岸を変えれば自分が輝けることって実はいくらでもあること。

そういったことはこれまでも大嶋先生をはじめとしていろんな人の本や話で見聞きしてきたし、そして何より自分でも経験し実感してきたし。

そのことが今回の本にも書かれていました。

これさえちゃんと落とし込めていたら、あんまり友達に困ることもなくなるのでは、って今では思えたりするんです。

あ、あとは堂々としてリラックスしてることが大事ですよね。

以前は人がこわくて常に緊張してビクビクおどおどしてたから友達を作るどころじゃなかったけど、今はわりとどこにいてもそこまで緊張せずに落ち着いていられるようになったので、友達も作りやすくなった気がします。

大嶋先生もこの本の中で「弱者でいると嫉妬の攻撃を受けてしまうから友達ができない」「緊張感が高いと仲間と認めてもらいにくい」みたいなことを言われてますが、本当にその通りだと実感しています。

前はほんとに必死に嫌われないように嫌われないように、下手(したて)に下手に、と人に気を使ってばかりいたけど、それはまったくの逆効果でしたね…。そうしたくてしてたわけではないし、やっぱ自信がつかないとどうしようもなかったんですけど。

いろいろやっていく中でなんとなく自信がついてくれたので、それに合わせて緊張度も低くなり本当に楽になりました。

はあ…この本に書かれている友達ができないという悩みは、今の私にはそれほど切実な物ではないけれど、でもかつて学生時代の自分が悩みに悩んでいたことだったんですよね…

クラスでぼっちなのが辛くて、友達が欲しくて欲しくて、でも全然できなくて。だけどできたらできたで主従関係になってしんどかったりして。

ほんっとに全然人としゃべれなかったですし、友達になってくれた人とも緊張しておどおどしてましたし。そのくせ心の中では怒りや憎しみや誇大妄想やヘンな自尊心がうずまいてて、「本当の私はお前らよりもっとすごいのだ!」みたいな感じで人のことを見下してましたし。いやーすごいよね。

まじで苦しかったなあ…。喉もと過ぎて忘れがちだったけど、今回ありありと思い出しました。

それを今回こうして思い出しながら読むことができ、自分がものすごく変化できたこと、その変化は間違っていないということなどを実感できたし、ああかつては本当にそうだったなあ、でも本当にこういう風に変わってこれたなあ、と一個一個「答え合わせ」できたのでした。

私は友達が少なくてもとくに寂しくないんですが、この本の中でも「広く浅い付き合いを求めるタイプの人と、狭く深い付き合いを求めるタイプの人がいる。自分のタイプを見極めることが大事」書かれてました。これは世間でもよく言われてることだし、ほんとにそうだと思う。

自分は本質的にあまりたくさん友達がいなくてもいいし、別にいつも人と一緒にいなくてもいいタイプなんだと感じてる。

一人暮らしで在宅ワーカーなので、ひと月ふた月ほとんど誰にも会わない、なんてことも普通にありますが特に寂しくもなんともないんです。(まあ電話とかSNSとかのおかげもありますが)

だけどそれに加えてこの本には大嶋先生らしいトンデモ説も書かれてて、「人は頭の中でつながれる。ひとりでも信頼できる友達と頭の中でつながれてれば大丈夫」「一人でいる時は誰とでも自由に脳でつながれる。一人でいる時こそ信頼できる友達とつながれる時」って言われてるんですよね。

だとしたら友達が少ない私が全然寂しさを感じないのって、実は脳でつながれる信頼できる友達がいてくれてるからかもしれないですね!笑

それでですね、この本に書かれてることがもう一つ自分にとってちょっと大きな答え合わせになってたんですけど…

私、以前この自分のブログで大嶋先生の言われてる「本当の知能指数」について記事にしたんですが、そのとき知能指数の違う集団に所属して苦しんでることをみにくいアヒルの子に例えて書いたんですよね。(→生きづらい私たちってアヒルの集団でアヒルになれずに苦しんでる白鳥の雛なのかもしれない…鏡を見よう生き場所を変えよう

それが今回、この本の中で同じく本当の知能指数(この本ではパーソナル数値)のことを述べてるときにみにくいアヒルの子の比喩が使われてて。

まあこの場合みにくいアヒルの子ってめっちゃありがちというか普通にあてはめやすいストーリーなのでたまたまかぶってたって別に驚くことではないかもしれないけど、でも大嶋先生の熱心な読者としては「えwwwwこれって先生が私の脳みそにつながったのかなwwwwwwwwww」って思わずにはいられなかったのでした。

大嶋先生がよくブログで読者さんの脳につながってブログを書いてる、とか担当者さんの脳につながって本を書いてる、っておっしゃってるので。

いやーすごいすごい!やっぱ脳はつながってる!これは脳がつながってるという説の一つの答え合わせになったのである!!

…そういうことにしとこうと思います。

ということで…私が一人でも寂しくないのって、大嶋先生という偉大かつ共感・信頼できる脳みそ友達がいるからかもしれないですね!

本の中で「尊敬できる人はみんなあなたの友達です」って書かれてるし。

尊敬する大嶋先生の脳とつながらないわけがないじゃないか。

それに大嶋先生の脳をハブにして、または大嶋先生の脳にどこかの”脳広場”に導いてもらって、そこで先生の読者さんみんなで脳でつながってるという妄想をよくしてるしけっこう本気で信じてる。

そう思うとなんだか心強いです。友達少なくていいはずの私なのに、じつは友達千人できとるやないか。私たちきっと「パーソナル数値」近いでしょうし。パーフェクトフレンズやん。

こうしてみんなでつながってみんなで進化していきたいですよね!!

あとね~~~

ちょっとオタク話になっちゃうんだけど、私が尊敬してる最愛の推しの脳ともつながって、最愛の推しと脳みそで友達になれてるかもっていう妄想したらすごい幸せになった……

脳でつながって友達になるっていうトンデモ説、オタクにとってはかなりやばみがあるな…ほんと信じちゃうね…満ち足りてしまう…。

こうして現実世界ではさらに一人になっていくのでは…?うう…まあいいか…

なにはともあれ、自分にとってはいらない本かなって思いつつも、読んだらすごくよかったです!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク