チーズナンの甘言と「TCF20の還元」

ただ今絶賛「三週間の小麦断ち」をしているところなのですが…

昨日友達とインドカレー屋さんに行き、ついついナンを、それもチーズたっぷりのチーズナンを食べてしまいました…

グルテン&カゼインやん…ダブルでやばい笑

小麦断ちは問題なくやれてて、そんなに「うおーーー小麦が食べたい!!」みたいなのはなかったのですが…

でもまあ友達と一緒だったし、食べたいと思ったら無理にやめなくてもいっかな、せっかくだし今日くらいはいっかなって…

……。

ほんとに私は小麦依存とかそんなに感じてないんだけども……

…意志のよわさ……ウッ…

で、お家に帰って大嶋信頼先生のブログ読んだら、ちょうど小麦断ちのことが書かれててびっくり!!

もしかして努力をする必要はないのかも

”小麦、乳製品って脳を麻痺させるモルヒネのような作用がある”

”「小麦、乳製品を食べていると感覚が麻痺する」となって「小麦、乳製品をやめられない!」”

そして、

「TCF20の還元」を唱えて右脳と左脳をつないでいる脳梁の働きを若返らせることによって、脳の感覚麻痺がとれ必要のないもの(脳の麻痺によって食べさせられている体に悪いもの)を食べたくなくなり自分の体に合っているものを自動的に美味しいとか感じるようになる、

とのこと。

は~~~すごい!

私のために書かれてるような記事!!

さすが大嶋先生、ほしいときにほしいものが出てくる、ドラえもんみたいなブログだな~~

(放置グセで半年間読んでいなかったくせに…)

まあ私は小麦はそんなにどうしても食べたい!!って思ってたわけじゃないんだけどぉ…

その場の空気とかあるじゃん…人との付き合いがあるじゃん…

いやでもなんとなく人に流されて小麦食べちゃうのも、やっぱり小麦依存みたいなのがあるからこそなのかな。

てかやっぱチーズナンがすごくおいしそうと思ったから食べたんだもんなあ。

もしも体に必要ないもので、体がいらない!と感じていたら「おいしそう」とさえ思わずにいられたんだろうから。

…じつは小麦より乳製品のほうが自分にとっては断ちがたいもので、それはもう断つこと自体あきらめているんですが、とりあえず「TCF20の還元」を唱えてみて、もしも実際に欲しくなくなってくればやめればいいかな、なんて思いました。

好きなものを無理にやめるなんてストレスですしね!そんなの逆に体に悪いよね!(ほんと自分に甘い)

そしてもちろんそれでも欲しいと感じるんだとすれば、自分の体には乳製品が合ってるんだから摂っていいってことになるし。うんうん。

大嶋先生がおっしゃるように「もしかして努力をする必要なないかも」、ですよね。

は~~最高。

三週間の小麦断ち、早くも中断してしまいましたが、今日からまた始めたいと思います。

そして体にいい変化があれば、三週間ではなく一生の小麦断ちにしよう。

がんばります。

…いや、がんばんない。

小麦断ちをがんばるというか、TCF20の還元を唱えることをがんばろっと。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク