腐女子のどでかい断捨離と質量保存の法則

一昨日の皆既月食、見れました?

晴れの予想だったはずの東京は案外曇っていて、私は皆既月食の時は見れなかったけどその後まだ欠けてる部分月食状態の月はなんとかぼんやり見れました。

で、昨日は予報通りの雨だったのでお家にこもってトイレ掃除や断捨離をし…

自分としてはかなりの大物を、とうとう手放してしまいました!

それは……

10年前にめちゃくちゃハマってたBLマンガです。

私震災後のストレスから突然ものすごい勢いであるBL作品にハマり、完全なる腐女子になったんですが、今回手放したのはまさにその私を完全なる腐女子にさせた作品なのです…!

いや腐女子になったといってもほかのBLには目もくれずその作品しか読んでなかったってくらい、その作品だけに一点集中ではまり込んでいたんですよね。過集中のADHD…

単行本はもちろんのこと、過去の特典ペーパーや小冊子、過去の掲載誌なども欲しくてたまらず、ヤフオクなどで数万かけて関連するものを集めまくってました。

「もし震災などで避難しなくてはいけなくなったらこのマンガ全部を持って出なくては!」と本気で思っていたんです。

こんなにも大好きになれるマンガはもう現れないのでは、とすら思っていました。

自分も漫画家ではありますが、この先生の描かれるマンガと比べたら私の描くマンガなんてゴミだ!!できることなら自分の力をすべてこの先生に捧げたい!!とすら思い詰めていました。

……しかしやがて熱は冷め、ここ数年はもう読みかえすことすらなくなって…

そして「この本が家にあること」がちょっと精神的負担にもなっていたんですよね。

エロBLだったので。

人を家に呼ぶたびに、隠してはいるけど無駄にドキドキしてしまう…

で、先日のDMMブックスのキャンペーンで電子書籍を100冊買う時に、そのマンガも電子で買い直して紙の本は思い切って手放そうと考えたんです。

この作品だけでなく、今後BLを読みたくなることがあったら電子書籍のみにしよう、そうしたら腐女子であることの「隠さねば」みたいな精神的負担もなくなって生きやすくなるにちがいない。

「部屋は心の中を現している。私は心の中に大きな秘密や”恥”を抱えて生きている。それをまずは部屋からなくしたり減らしたり”見えなく”することで、人との関係も楽になるのではないか。」…こう、ずっと考えてはいたんです。なのでこれはすごくいい機会だ!と。

ただ、電子で持ってるとはいえどうしても紙の本への執着もすさまじく…なかなか手放すことができなかったんですよね…。電子書籍で購入し直してからもずっと紙の本を置いたままでもだもだと過ごしていました。

が…、それをとうとう、スーパームーンの皆既月食というなんかすごそうなタイミングに合わせて思い切って手放せてしまったのです!!!

なんかね…今朝起きて、部屋の感じが軽いかも!!って感じました。なんか…いい感じです。

喪失感みたいなのとかもったいないっていう気持ちやあんなに好きだったのに…という未練とかもあるにはあるんですが、でももうやってしまったことだし、それよりスッキリ感のほうが強いし。

手放せてよかったなあと思っています。まあ電子でならいつでも読めるしね。

ほんといい時代です。もっと早く電子書籍にしてればよかったな~~

…で、ですね。

実は今回このマンガを手放せたのにはもう一つ大きな理由がありまして。

DMMブックスのキャンペーンの時に買った電子書籍の中にめちゃくちゃハマってしまうマンガがあって…

それにあまりにものめり込んでいるので、正直他のものに目が行かなくなってしまってるというか…。このマンガさえあればもう他はいらないわ!みたいな…。よくある新しい彼氏できたら元カレのことがまったくどうでもよくなってしまうっていうアレと同じというか…。ウッ…なんかすみません…。

で、DMMブックスのキャンペーンが終わってもその作者様の他のマンガを買い足していってるし、正直もう電子書籍だけで持ってるのでは満足いかず、実は今、紙の本でも買い直そうと思っています…

で、で、それがまたエロBLなんですわ…

商業BLからは数年遠ざかっていたんですが、久しぶりに読んだらまたハマってしまって。

震災のストレスからBLに助けられ、10年後の今またコロナ禍のストレスからBLに助けられている…。因果は巡るものですね。

…ということで私は今、エロBLの紙の本を手放してエロBLの電子書籍にし、エロBLの電子書籍にハマってエロBLの紙の本を買い足そうとしているところです。

「出せば入ってくる」

なるほど質量保存の法則っていうのはほんとにあるんだなーーと感動してるとこですね……

これぞ宇宙の真理すわ。

我が家からBL本がなくなる日は来ないのかもしれません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク