家にいる今が始めるチャンスかも!女性に試してもらいたい布ナプキン【生理痛・PMS】

今、自宅待機でずっと家にこもってるっていう女性にぜひ始めてみてもらいたい、試してみてもらいたいものがあります。

それは「布ナプキン」です!!

私はたぶん10年以上前から布ナプキンを使うようになったかな。

最初は抵抗があったんですが、布ナプキンを使うようになったらもう使い捨てナプキンには戻れなくなりました。

マジですっごくいいから。

ごく最初はちょっと漏れたり沁み出したりもしてたけど、不思議なことに慣れてくると体が経血を制御してくれるようになり、トイレに行ったときに排出できるようになるんです!!「経血コントロール」って言われてるやつです。ほんと女性の体って面白いですね~~。(まあおしっこうんこがコントロールできるってことは経血もコントロールできて当然なのかもしれないけど。使い捨てナプキンがなかった時代の女性は普通にコントロールできてたらしいですしね)

月経の周期も整う!規則正しく来てくれるし、「あっ来るな」っていうのが普通に分かるようになるので下着を汚さないよう数日前からナプキンを付けて準備する、っていうことがいらなくなります。なんか子宮と通じ合えるというか、テレパシーがやってくるみたいな感じ。

あと経血が汚いという感覚もなくなります。この「経血が汚いという感覚がなくなる」のが私にとっては地味にすごくよかった。経血っておしっこうんこと違って「排泄物」ってわけではないんですよね。汚れてるわけじゃない。子宮にあったものが出てくるだけなので。それが布ナプキンを使うようになって実感としてわかるようになりました。

私はもともと生理痛とかPMSとかがほとんどないので分かりませんが、布ナプキンを使うようになると生理痛とかPMSがなくなる人が多いらしいです。生理痛やPMSに悩まされているという人はもう試してみないわけにはいかないのでは。なにせ生理痛やPMSがとくにない私でさえ布ナプキンは良すぎて手放せなくなってるんで…。こんないいものが、さらに悩みを消してくれるだなんてすごすぎると思います。

そして使い捨てではないので長い目で見たらけっこう経済的でもあるし、ゴミの処理もいらないし。

とにかくいいことづくめなんです。

問題はやっぱ洗濯とかかなって思いますが、布ナプキンを洗うのも実はわりと簡単で、私は洗面器にふつうの洗濯洗剤と一緒に浸けておいて、翌日とかに手でざっとゆすいで、あとは他の洗濯物と一緒に洗濯機でガーーっと洗っちゃってます。

慣れればまったく苦ではありませんし、なんというかゴミとして捨て去るのではなく自分の手で処理する、ということで体とか経血への愛おしさとか感謝みたいなものもちょっと感じられるようになったりします。

私は外で働いてる時もふつうに布ナプで仕事に行ってたんですが、慣れてないとめっちゃハラハラしますよね。

なのでこの外出自粛期間にとりあえず試してみて、慣れていったらいいんじゃないでしょうか。

ほんと布ナプキンはすごくオススメだし、興味あるけどちょっと怖いなって人はだまされたと思って一度は試してみてほしいです。やってみたら別に全然こわくも大変でもないから。

まあ使ってみてやっぱ外出する時は不安だな~不便だな~ってことになっても、外出時は使い捨てナプキン、土日など家にいるときは布ナプキン、と使い分ければいいし。

(あと、昼はいいけど夜は不安だから夜用だけ使い捨てナプキンにするとかも)

もちろん抵抗あったら無理にすることではまったくないですけどね。やっぱ面倒は面倒だし。

使い捨てナプキンは女性の生活を快適にし、そして活動範囲をすごく広げてくれた素晴らしいものだし、まったく否定されるべきものだとは思ってません。

どちらにもいいところと悪いところがあるって感じですよね。何事もそうだけど。

あ、でも少なくとも生理中以外に普段から使い捨てのパンティライナー、おりものシートを使ってるっていう人はもうこれはぜひ、それだけでも布のライナーに変えてみてほしいです。

こっちは何にも面倒なことなくて下着と一緒に洗濯機に入れるだけでいいし、経済的で体にもいいので。

とりあえず外出自粛期間を少しでもいいチャンスに変えたいですね。

私もせっかくだからこの機にいろいろやってみようと思ってます。

私はシンプルな羽根つき一体型を使ってます。たぶんズボラでこだわりない人ならこっちが使いやすいと思う…

他にもパッド交換型(ホルダー)、三つ折りタイプ、防水布入り、夜用、使い捨て布ナプキンなどいろいろな種類があります。これはビギナーズセット。

布ライナーは誰でも簡単に使えるので使い捨てパンティライナーを使ってるって人には間違いなくオススメ。布ナプキンを始める前の、手始めとしても。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク