即効開運にはやっぱり旅行、それも海外旅行が一番 おすすめは台湾!

スポンサーリンク




海外旅行で人生確実に変わってきた

海外に行くと視点が変わる

人生どうにかしたくてほんといろいろやってきたんですけど、すごく即効性があったなあって思うのは旅行、それも海外旅行だなって思います。

何度もこのブログで旅行風水とか九星気学とかのこと書いてるけど、でもとりあえず方位とか関係なく、とにかく「遠くに行く、海外に行く」っていうことが人生を開かせてくれてきたなあって思うんです。

なんでだろうな?って自分なりに考えたのが、海外に行くとすごく視点が上にあがるっていうのがあるんですよね。

ふだんの私の日常って地面を這ってる虫みたいな視点で生きてる感じなんですが、海外に行くと一気に空を飛ぶ鳥の視点を得ることができるような感覚があって。

よく「悩みがあったら星空を見上げよう、宇宙からみたら自分の悩みなんてちっぽけに思えてくるから」って言葉を聞くんですが、じつはそれ私には全然ぴんときたことないんです。

宇宙ってでかすぎてあんまり自分の悩みと比較することができないからでしょうか。

それより私の場合は遠い場所、珍しい景色、違うライフスタイル、違う考え、違う言語の人たちに触れることのほうがより実際的に自分を俯瞰して見れるような高い視点や広いキャパを得ることができるような感じがするんです。

自分の日常、自分の人生を縦(上)に移動して物理的に高いとこから俯瞰して見るのではなく、横(遠く)に移動して客観的な視点になることによって高いとこから俯瞰して見れるような感じになるのが旅行、それもとくに海外旅行なんじゃないかと。

それで日本に帰ってきてから、あれっなんか変わったな?ちょっと肩の力が抜けたな、人生の風通しがよくなったな?っていう感じで、まあ言ってみれば「開運」しちゃってる、という感じなんですよね。

あきらかにめちゃくちゃ自分の世界が広がりますしね。世界がひろがってるから、日本に帰ってきたときに以前問題だと思っていたことが小さく見えてすでに問題じゃなくなってる、みたいな。

どこからかありがたいパワーをもらう、一時的に充電してもらうとかいうんじゃなくて、自分自身を活性化したり力みを抜いてリラックスさせたり視野を広げたりバランスを調整することで滞っていた物事がスムーズにいくようになる、とにかく基本が自分でありそれこそが本当の開運になるのではないかと。

やっぱ吉方位や占いも

あっちなみにこのあいだこのブログにも書きましたが(こちら)、年上の友達をさそってその人の大吉方位にあたる国に旅行行ってからその人突然の大モテ期が来てすぐに結婚できちゃったし、あとまた別の年上の友達がずっと結婚したくてもできなかったのに雑誌の占い特集で「バリ島に行くといい」って書いてあるのを実践してバリ島(ちなみにべつに吉方位とかではなかったはず)に一人旅してきて、帰ってきたらすぐに9歳年下の片想いしてた男性と付き合うようになって結婚しちゃったということもあったんですよね…!

そういうことがあるとやっぱり吉方位とか占いとかって気にしたほうがいいのかな?とかも思うんですが。

でもまあとにかく旅行という行動を起こすことがすごくいいんじゃないかなーって思います。

めっちゃおすすめの国は台湾

いくつかの国に行った中で個人的にとくに自分にとってよい効果をもたらしてくれたなーと思っているのは「台湾」です。

今まで行ったどの国も魅力的だったしどこに行っても最高に楽しかったんですが、台湾だけはその魅力とか楽しいとかだけではなく、大きなプラスアルファの部分があって。

なんかねー台湾って不思議な国で、日本にすごく似てるんですよね。台湾に行くと生き別れになって別の国で育ってきた双子に偶然会えたような不思議な感じがするんです。

中国や韓国にも行きましたが、顔立ちはどの東アジアの国もそんなに変わらないけど、そしてどの国の人たちも親切だったけど、でも性質はまったく違う。いい・悪いとかじゃ言うんじゃなく、ただタイプがほんと違うんですよね。

だけど台湾だけは不思議なくらい日本にすっごく似てて、ただ海外旅行してるだけのはずなのに海外というより不思議なファンタジーの国に迷い込んでるような感覚になるんです。

日本によく似た国に日本人によく似た親切な人々が暮らしていて、でも文字や言語が違っていて(日本人より美しい日本語をお話しになる年配の方々もたくさんいらっしゃいますが)、「もしも日本人がもっと大らかでのんびりしていて、もっともっと温かく親切だったら、その”if日本”ってこんな感じかも」っていうパラレルワールドに入り込んだような錯覚に陥るんですよ。

もうここは天国か?この人たちは天使か??っていうくらいめちゃくちゃ親切にしてもらえますしね。台湾人、みんな怖いくらい親切。親切さに揉みくちゃにされて親切さに脳みそかき回される。いや、脳みそを書き換えられる。

で、その優しくて温かい人々に接してから日本に帰るとですね、もう自分でも驚くくらい自分が大らかで優しい気持ちになってるのを感じるんです。書き換わってるから、脳みそが。

それまで仕事先でものすごくイラつく年下の男性がいたんですけど、台湾旅行から帰ってきたらその人のことがまったく気にならなくなって。一時的なものかなって思ってたんですが、結局イヤだなっていう気持ちがもどってくることはありませんでした。

それどころか、その人のダメさ加減がなんだか可愛いくらいに思えてきて…ほんと不思議な変化でした。

その人が変わったのでは?とも考えられますが、その男性は他の人たちからも嫌われていて、その嫌われっぷりはまったく変わってなかったので、やっぱり私だけがその人の嫌な部分のことを不思議と気にならなくなっただけみたいなんですよね。

なのでこれは台湾旅行の大きな効果だったと今でも思っています。

台湾は日本からすごく行きやすいし食べ物もおいしいし、親日家が多いし治安もいいし、ちょっと気が向いたらぜひ行ってみてほしいです!

ふらっと訪れるだけでもきっとなんかしら視点が変わったり視野がひろがったりするはずだと思います。

もっと臨時収入があったとか彼氏ができたとかっていう効果が聞きたかったんだけど!って思われるかもしれないけど、人にいらいらしなくなるってすっごくいいよ…めっちゃ快適。総合的に人生変わりますよ。

ちなみに「行くと死生観が変わる」とよく言われてるインドにも行きましたが、とくには死生観に変化はなかったです。

でもインドも最高でした。

死生観とかとは別の意味で、インドに行ったことでもっと実際的にすごく人生変わったことがあるのでほんと行ってよかったなーって思ってます。

行ってよくなかった国なんてないけど。

海外旅行が好きな女子は嫌われる…?

ちなみにちなみに!以前ヨガについての記事を書いて、「ヨガって男性に嫌われる趣味ランキングの上位らしい」って言いましたが、海外旅行も上位なんですよね。

あとオタク趣味(腐女子)も上位だったはず!

順位は忘れましたが男に嫌われる趣味のワンツースリーがヨガと海外旅行とオタクだったと思うんだけど、私それ全部あてはまってるんですよね…ワーオそりゃモテないわけだ!!

海外旅行もヨガもオタクも、私にとって世界を広げて豊かにしてくれるものばかりなので(まあオタクが嫌われるのは仕方ないとしても)(そしてヨガもまあちょっと分かるよ…なんか意識高い系だとか自分に酔ってるみたいなイメージはなんとなくあるだろう)、それで嫌われちゃうのはちょっと悲しいですね…人から好かれるために趣味や好きなことってやめられるもんじゃないしなあ…

うーん自分のことじゃなくても、海外旅行が趣味な女子が本当に嫌われちゃうんだとしたらやっぱすごく残念だよなあ…

ひろく世界に興味を持つより、恋やおしゃれやスイーツにばかり気をとられてるような女子のほうがいいってことか…??

もしかして現代にあってもまだ多くの男性には「女子は視野など広げず家庭に小さくおさまってて欲しい」という思いがあるのか…

うう~~ん男女の溝がそこにはあるんでしょうか????

あっちなみにスピリチュアル女子なんかもめっちゃ避けられそうですよね!私フルコンボすぎ!!(涙

ま、まあそんなことはいいとして、海外旅行はとてもいい意味で人生変えてくれる気がするのでどんどん行って開運しちゃいましょう!!!男からさらに嫌われるようになろうともな!!!え~~~~ん開運とは!!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする