魚座満月の大デトックス!幼児期の自分に会いに行ったらめっちゃ便秘に苦しんでいた…;;

8/26の魚座満月どうでした?

浄化力がめちゃくちゃすごいって言われてた魚座満月。

※今回はうんこの話するんで読みたくない人は読まないでください

8/26、私はめちゃくちゃお腹こわしてお腹の中もうなんにもないっていうくらいきれいさっぱり出ちゃいましたね。

お腹こわしたといっても全然痛くないんですよね、ただひたすら出続ける。すっからかんになるまで出続ける。たまにこういうことあるんですが…

今回もびっくりするくらいお腹がぺちゃんこになってしまった!!

お腹出てるのって贅肉ではなくうんこだったのかよ…って毎回ぎょっとします…

どんだけ溜め込んでるんだよ…こわ…

断捨離した時とか感情のデトックスができた時とかに不思議と連動してお腹もすっきりするので面白いです。

最近毎日「ヤクルト」「ミルミル」「R1ヨーグルト」のどれかを交互に摂るようにしてるんですが、それも効いてるといいなと思ってるんですよね。

断捨離や感情のデトックスをすることでお腹が連動してすっきりするなら、逆にヨーグルトなどでお腹をすっきりさせることでうんこと一緒にいらない感情なども手放していけそうな気がするんですがどうでしょう。

相互的に作用してると思うんだよな~~

(※ここからほんとうんこや便秘の話ばっかします)

ちょっと話が変わるんですが、大嶋信頼先生の「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法の「過去を変える」っていうやつを最近ためしているんです。

今のつらさのもととなってる地点にいる過去の自分に会いに行って、自己肯定感が高くなるキーワードを過去の自分に伝える、っていうやつ。

今回それをやってみると、私は幼稚園の頃の自分につながりまして。

親からの暴力的な虐待とかそれほどないはずだけど、でもいろいろ問題はあるだろう、いったい何を見ることになるんだろうと思ったら…

なんとめちゃくちゃひどい便秘に苦しんでいたんです。4,5歳くらいの幼い自分が。

便器にまたがって、うんこがどうしても出なくてつらくてつらくてうーんうーんと顔を真っ赤にして苦しんでる自分がいました。

そうなんだよな~~~今回この「過去の自分に会いに行く」ていうのやって思い出したんだけど、私ほんっと物心ついた頃から病的にひどい便秘だったんです。

しょっちゅう高熱と吐き気で体調を崩して病院に運び込まれ、なんと「便秘による体調不良」との診断を受けて毎回浣腸されてたんですよ…!

4歳くらいの子供がうんこがまったく出ずにお腹の中でカチカチに固まり、吐き気と高熱で苦しみ、女の子だというのにお尻まるだしにされておっさん(医者)に浣腸されるなんて…

それもそれが小学生になっても治らず、何度も病院で処置されるなんて…

その頃は「ちゃんとうんこを出せない自分が悪いんだ」ってなぜか自分を責めてたんですけど、今考えたらちょっと異常ですよね…

体質なのか、それともストレスや食事に問題があったのか。

まあまあ野菜中心の食事をする家庭だったんですが。

そんなこんなで物心ついた頃から大人になるまで、正直まともなうんこをしたことがほとんどありませんでした。

ずっと便秘だからカチカチのコロコロうんこになっちゃうんですよね。うさぎみたいな。

子供の頃は打つ手なしとあきらめていましたが、まあまあ大きくなって知恵がついてからは薬からヨーグルトから漢方、体操やマッサージ、あと自宅でやる浣腸までも、ほんといろんなものを試してきました。

でも効果は限定的だったりまったく効き目なしだったりで続きませんでした。

ところが今は特に何もしてなくてもわりと出てくれるんですよ…バナナ型のやつが。

まあ今も便秘ぎみではあるんですが、それでも大人になってからそういういいうんこがたまに出せるようになったんです。ここ数年。

なんでですかね。ヤクルトとかを毎日交互に飲み始めたのは最近だし…ヨガがいいのかな?ウンコを出すための筋肉が鍛えられてきたのかな?

もしかしたら一人暮らししてるのも大きいのかな。緊張度が低くなってるのかも。

何にせよストレスはやっぱりとても大きく関係してるような気がします。

ところで…便秘になった原因も、今わりと便秘に苦しまなくなった原因も、とりあえず置いておいて。

私は今回、子供の頃の自分に会いに行ってほんと驚いたんです。

こんな幼児がうんこも出せずにいつも高熱だして苦しんでたなんて、って。

いったい何をどんだけ抱え込んでこんな状態になってたんだろう、って。

こんな小さな子供が便秘でまともなうんこを出したことがないなんておかしいでしょ、って。

父親から「運動しろ運動しろ」っていつも怒られてたからかもしれないけど、便秘なのを自分のせいだって思いこんでたなんて…。

いつもどれだけの緊張状態にあったんだろう。

はあ…そのことを今回思い出すまでなぜかあまり意識してなかったし、実際当時の私も今の私もそれほどこの便秘を大問題だとは思ってなかったんですよね。(健康的には大問題だと思ってたけど、精神的・感情的な面では。)

なんか…異常だったんですよね…私の子供時代ってやっぱり。人とろくにしゃべれなかったしなあ。幼稚園にしゃべれる相手とかぜんぜんいなかった。同年代の子がみんなこわかった。父もこわかったし。普段からずっと緊張してたんですよね。

とにかくこれからはうんこを出さなければいけない、自分のために、って強く思いました。

これ、ちょっと言いづらいけどでも実は今回一番つよく感じたことがあってですね…

それは

「なんでお母さん私の便秘を治そうとしてくれなかったんだろう、なんで毎回病院に担ぎ込まれるまで何もしてくれなかったんだろう、なんで私のこと放置してたんだろう」

っていう母への恨み言みたいな感情と打ち捨てられたようなみじめさなんですよ…

自分が大人の女性になった今、世の「母親」ばかりが子供のために何もかもしなきゃいけない、みたいな考えはほんとに嫌で嫌でたまらないんですが…

それでも子供の頃の自分を見たときに、つい母に対して「なんで」って思ってしまった。悔しくて悲しくてつい泣いてしまった。

お母さんは医者でもスーパーマンでもなんでもないんだから、子供の便秘なんて治せるわけないのにね。

やっぱ母に甘えてるんですかね…マザコンだし。

母親も私とおなじただの人間だし、できないことやしたくないこともたくさんありますよね。

今回幼児期の自分に会いに行って、あの独特のうち捨てられ感や緊張感、恥ずかしさみじめさを感じることができ、「何にもしてもらえなかった!!」っていう恨みや悲しみも感じることができ、そしてそれは今、大人の自分こそが受け止めて対処してあげられるんだと思うことができたのでよかったなあと思います。

そうなんですよね、お母さんじゃなく私が私を受け止めてあげればいいんですよね。

今の私ならいろいろ対処できるんだ…!

(これふつーにインナーチャイルド療法ってやつかも…大嶋先生のやつというより。まあなんでもいいか。でもちゃんとキーワードも伝えなきゃ!)

そうそう、私は大人になるまでずっと自分のことを汚くて醜くて恥ずかしい人間だ、って思っていたんですが、それってただの思い込みとか自己卑下とかだけじゃなかったのかも。

だって実際に私の体の中ってうんこがぎっしり詰まってたんですもん。

外からはうんこは見えなくっても自分がそのことを常に無意識に感じてたんだとしたら…

うっそれはつらいよ、めっちゃ可哀そう…。

妖怪うんこ人間として、陰に隠れて生きる孤独と恥ずかしさと惨めさ。自己肯定なんてできるわけないですよね。

まあ何事も相互作用してる、相関してる、って思ってるので、自己卑下ゆえにウンコを抱え込んでいたのかもしれないとも思うんですけどね。

今後まだまだ「過去を変える」をやっていくだろうし、幼児の私がなぜそれほどの便秘に苦しむまでストレスや緊張を感じていたのか、っていうところにももしかしたら到達していくかもしれません。

うんこの話だけでは終わらないのかも。

でもまあとにかく今回すっごく自分を愛おしいと思ったし大事にしたい、幸せにしてあげたいって思ったんですよね。

さっきも言ったけど、自分が、自分のために、うんこを出していこうって思いました。

8/26の魚座満月に、自分の中にずっと昔からあったかなりでっかいゴミを見つけてデトックスできたのではないかなって感じです。

こっから9/10の乙女座新月までに不要な物をどんどん出してすっきりしていくといいらしいんで、まだまだ断捨離とかデトックスがんばりたいと思います。

というわけで…とりあえずこんな話をここまで読んでくれてどうもありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク