【朗報】悪態はついたほうがいい!

さっきブログ更新したばっかだけど、ツイッターに流れてきたこれが(私にとって)すごくよかったのでお知らせしておきます。

「ファック」と言いまくると鎮痛効果があると判明!「くそ!死ね!」も有効、学者が推奨「悪態は良いこと」

”ロバートソン氏は「悪態をつくことは間違いなく良いことだ」と断言しているほどだ。”ですって。

普段から悪態つきまくりの私、さすが。やはり私は正しかった!

よく脳科学では「脳は自分と他人の区別がつかず、他人への悪口も自分へのものだと思って自己肯定感が下がってしまう」とか言われてるみたいですが…

そうは言っても瞬間的な怒りやストレスは、できるだけその場その場で出していったほうがいいんじゃないかなって思ってます。

ので、悪態も「自分のため」にどんどんついていきたいなと。

「人を呪わば穴二つ」なんて言いますが…、私いつもこの国を牛耳るクソジジイどもに腹立って「クソジジイ〇ね!!!!!!」って言いまくってるけど、あいつらも私も全然死なないしな。私自身に限っては元気いっぱいですわ。なんの悪影響もありませんです。

ほんと怒りをサクサク出すようになってからのほうが断然人生うまくいってます。

スピリチュアル系の人がよく言う「波動の低い言葉を使うと」うんぬんも、まあそういう言葉をいつまでもグチグチ言ってたらいけないってだけで、瞬間瞬間の悪態やちゃんとした批判はすごく大事なんじゃないのって思ってます。

飲み込んで内側にこめてしまうほうが問題ですし。

(てか「批判」は普通にすごく意義ある大事なことですしね。欧米では批判的思考を学校で習うのに。日本人の多くが批判と悪口や誹謗中傷を混同してるし、日本における批判嫌悪や事なかれ主義って根本に日本人の幼児性があるんじゃないかなって思います。批判なくして改善なし。「批判はよくない」って言いたがるスピ系の人多くてほんとうんざりですわ…)

世界一大事なのは自分自身。

自分が少しでもスカっとするなら悪態どんどんつきゃいんですよね。

てか怒りってまさに自分を守るために出てくるものですしね。

怒ってる時って自分が自分を守ろうとしてる時なんですよね。愛おしいな。

自分を守るものを自分が忌避してどうするって話ですよね。

というわけで私はこれからもどんどん悪態ついてこ~~と思いました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク